Docker導入をWindows10 Homeにサクッとおこなう

Docker-Logo WordPress

Dockerは仮想環境作成を補助してくれるアプリケーションとして、幅広く使われていて安定期に入っています。

身近なDockerの使い方は

プログラミングで様々な言語が出ていることにより、習得するための学習で、様々なアプリケーションを今のパソコンに新しくインストールすることになります。

環境に合わずアンインストールをしたりなども頻繁にあり、パソコンの環境をクリーンに保つためにOSに直接ではなく、仮想環境を作ってそちらにインストールをする。合わなければ仮想環境ごと消す。こういった使い方ができます。

仮想環境が身近なものになり、資料も豊富で導入までの壁も低くなりました。今回はWindows10でDockerを稼働するまでを説明します。

投稿時の環境

OS

Windows10.home

Dockerのインストール

今回はWindows10 Homeでサクッとインストールできる「Docker Toolbox」を使用します。Windows用には「Docker Desktop(Windows) 」もあるのですが、Windows10 Proであることが必要です。

「Docker Toolbox」 をインストールするための公式サイト(英語)はこちら

ダウンロードページへのリンクも上記のページにあります。

Windowsでの確認

WindowsXを同時に押して表示されたものの中から「タスクマネージャー」を選択します。初めて起動した タスクマネージャーでは「詳細」をクリックします。

左上にあるタグから「パフォーマンス」をクリックして、「仮想化:有効」となっていることを確認します。

Dockerのダウンロード

先ほどの公式ページを下にスクロールしていき「Step 2: Install Docker Toolbox」見出しから「Toolbox Releasess」というリンクを見つけてクリックしてください。GitHubのページへ飛びます。

投稿時点ではv19.03.1が最新となっていました。.exeをダウンロードします

DockerToolbox-XX.XX.XX.exeをダブルクリック

インストールをするための設定が始まります。

Nextを選択していきますが「Select Additional Tasks」のところで一度確認をしてください。「Install VirtualBox with NDIS5 driver[default NDIS6]」という項目がチェックがはいっていないのでチェックを入れておきます。

Docker Quickstart Terminalのエラー発生(Looks like something went wrong)について – Qiita

上記のサイトで、Windows10 Proでは関係なかったがWindows10 Homeではチェックが入っていないとエラーになるという報告がありました。

インストールの開始

「Ready to Install」まで進みましたら、確認をして「Insatall」をクリックします

インストールの進行
セキュリティ上の確認

Windowsインストールの際のセキュリティ確認がありますので「インストール」を選択して続行します。

インストールが完了しました旨の通知がなされます。そのまま「Finish」をクリックするとショートカットがあるフォルダが開きます。

Windowsボタンでインストールされていることを確認し「Docker Quickstart Terminal」をクリックしてみましょう。

Dockerのシンボルでもあるクジラさんが出てきたら無事完了です。お疲れさまでした。