wordpress

wordpress投稿ページでphpを動かす為にショートコードを作成して良い気分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
投稿ページでphpを動かしたい

wordpressでカスタムをしているとPHPを使いたいことがよくあるのですが、phpをファイルで読み込むのが今のところMY BESTです。

function.phpに直接書き込む方法にもチャレンジしていましたが、プログラム文書への理解度が足りなく時間がかかっていましたが、この「phpファイルを別で作成してショートコードで呼び出し」かなりのスピードアップとなっています。

投稿でPHPを使いたい

投稿ページではPHP文は使用できないというのがwordpressでのセキュリティの為にとなっています。しかしこのスキルを手に入れたことで、かなり自由度が上がりました。

なぜダメなの?という疑問が出ましたので調べてみましたが、以下のサイトやwordpressフォーラムなどで書かれています。

大ざっばにまとめるとこんな感じでしょうか…

  • phpは簡単にIDやPassなどのwordpressのコアな部分を、ネットで表示させてしまう危険性がある。
  • wordpressでは適切なやり方が用意されているので、phpを学んでいくことでリスクに近づく可能性を減らすことができる。

phpファイル作成

windows標準の「メモ帳」は使わずにテキストエディタを使用してください。「terapad」など様々なものがあって、今は「Mery」を使用させていただいてます。

使い勝手の良いphp文として今回はスマホとPCで別の広告を表示したい文を表示します。またこちらのphpの説明は次の機会に行います。

「●●●.php」と●●●部分に任意の名前を付けて保存してください。エンコードはUTF-8(BOM無し)で保存しています。

FileZillaでアップロード

phpファイルを任意の場所にアップロードします。新たにフォルダを作成して、その中にphpファイルを入れる。そのフォルダごと子テーマファイルの中にアップロードすると後々の役に立ちます。

FileZillaは次のfunction.php編集でも使用しますのでそのままにしておいてください。

function.phpの編集

先ほど使用していたFileZillaで子テーマのfunction.phpをダウンロードしコピペでバックアップを作成して下さい。function.phpはwordpressのweb画面で編集していると、ミスがあった時に真っ白になって焦るので、FileZillaを使いましょう。

function.phpに今回書き込んだのはこちらです。

表示したい場所に挿入文

投稿内の好きな箇所に以下のショートコードを差し込むとphpファイルが呼び出されて表示されます。いかにもphpを使いこなしているようで良い気分になりますね。

テンプレートファイルでも使えます

投稿内で便利に動くショートコードですが、wordpressをカスタマイズをしているうえでテーマ内で使用したいこともあるはずです。そんなときは以下を使用してください。

スポンサーリンク

リンク

スカッとする話やDQN返し、修羅場まとめ話